FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祭り


1ヶ月くらい前に見たような気がする夢。


時間は昼よりは遅いが黄昏時よりは早いくらい。
お祭りが開かれているのか幅のある大きな門の前に同じく幅の広い神社仏閣にあるような石段、
石段の下にも大通りと呼べるような石畳の道が向こうへ続いており
見渡す限りでは様々な人種がいて西洋も東洋もごちゃごちゃな感じでぎゅうぎゅうになるくらいにごった返していた。
もちろん屋台も石段や大通りの両側にあるんだけど
それは日本で見かけるようなテキ屋が並んでた。
大きな門の前の右側には綿飴の屋台があってそこに私はいて綿飴をつまみ食いしてた気もする・・・

ふと思い立って振り返り、その場を離れて門の向こうに行くと
巨大な遺跡のような物が並ぶ区域に出る。
この時にはもう夜になっていた。
見上げると多分50メートル~100メートル超はありそうな感じで、
壁のように見えるが1個の岩で彫ったのかなあという感じの彫刻群がまずあった。
1番右側には足か人を象ったレリーフがあって、
その左側から柵のような模様が向こうへ続いてた。
そこを通り過ぎてまた少し緩い階段があるのだけど
その階段の両側にも大きな遺跡のような物が柱みたいに立ち並んでいて
見上げると多分100メートル以上はあったと思う。
(真下から首が痛くなるくらい見上げた)
形は柱の上に大きな岩を乗せましたって感じで例えるならきのこみたいな遺物だった。
その岩の下側(きのこのひだのあたり)に窓?があるのか何故かデジタルのような七色になっていて綺麗だった。
その柱の群を抜けると大学の研究所っぽい所に着くんだけど
夜なのもあって誰もおらずがらんとしていた。
二階の窓のあたりをぐるりと見て無人なのを確認すると
また振り返って別の所へ歩き出した。
行く途中、左側に体育館があるのに気が付いて
開いている壁側の戸から中を見るとオレンジがかった照明の中で
若い男女が数十人くらいいるのが見えた。
1番手前は黒いTシャツを着た若い男性だったのを覚えている。
皆でフリスビーを投げる練習をしていて、近寄って中に入って近くで見ようとした・・・というあたりで目が覚めたような気がする・・・



フリスビーは円盤投げだし、UFO飛ばす練習かな(爆)
スポンサーサイト
プロフィール

囲炉裏

Author:囲炉裏
気まぐれ人間/絵描き
更新したりしなかったり。

Twitter@irori_naginata3

メールフォーム
ご意見やご感想、問い合わせたいことなどがありましたらこちらよりお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter on FC2
お知らせ
あんどんや -1- 版権無し10枚50円のミニ画集です。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。