明日の朝は無いかもしれない、昨日の朝すら無かったかもしれない。
記憶が無いなら存在していたかどうかすらわからない。
それはとても曖昧でよくわからない、本当は何もないかもしれないのに。
歩いた道が外にあるとは限らないのに。
あると思うものは簡単になくなってしまうのに。

固定するために覚えたのか、固定されて生まれたのか。
掌の上かもしれないのに、その先は何も無いかもしれないのに。

無いなら別にそれでいい、それがそれなら。
いつだって庭の中、庭の外は知らないままで。
でも知ってるはず、あなたは庭の外から来た。
みんなそう、庭の外からの来訪者。
庭の中からの人もいる、それはそういうもの。

愛しい貴方、愛しい私。
忘れた約束、流れた涙。
辛い別れも悲しみも、楽しいことも嬉しさも。
喜ばしいことすらまるで夢。

ここには何も無い、でもなんでもあるの。
愛した存在もすべて、ここにある。
また出会えるその時に、貴方はどういう顔をするだろう?
出に意味はなく、来にも意味は無き。
触れ合う時に輝いて、永久にきらきらと舞っている。
輝かしい夢、すべてが幻。
軌跡とは美しく、どんなものも愛になりえる。

例え分かたれて斬られようとも斬ろうとも、それもまた輝いて。
醜悪な、それすらも価値があり愛しさに溢れる。
悲しいか、悲しくないかは些細なこと。
それはすべてきらめく星へ。
すべてが刻まれしまわれる。

いつかいた場所、出会ったものたち。
忘れはしない、でも忘れてしまった。
永遠の夢、深く静かな場所。
彼方へ馳せる、心の想い。
いつかそれが、叶いますように。
待ち人はただ待ってる、それを課す日まで。
スポンサーサイト
プロフィール

囲炉裏

Author:囲炉裏
気まぐれ人間/絵描き
更新したりしなかったり。

Twitter@irori_naginata3

メールフォーム
ご意見やご感想、問い合わせたいことなどがありましたらこちらよりお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter on FC2
お知らせ
あんどんや -1- 版権無し10枚50円のミニ画集です。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ