FC2ブログ

キリスト関係

ソロモンのあれこれはとりあえず置いておく。
(自分の手だけじゃイマイチ自信もないし心許ない)
ヨーロッパのうちはキリスト関係でうろうろしていたっぽい。


十字軍の頃はソロモンの指輪と関係ありそう。
テレビで十字軍の話を見た時も真剣に見ていたっけ。

修道女は最近ロザリオが欲しくて探しまくってたしシスター衣装もデザインや仕組みが気になって探してたりしたんだった。

使用人の時も関わる人物の名前がキリスト教系、マリアとかそっち系が並ぶ。

キリスト教徒で迫害されてた頃に見たものも、砂漠のような土地で石造りで少し風化したような光景もあったしあれも隠れ場所にしてたとかそんなところかも。



キリスト教色強い・・・本当に。
母親からメダイをプレゼントされた事もあったし、まああったんだろうなーとやっとぼちぼち認め始める・・・多分。
小学生の頃はクリスって名前を思い付いてから
やたら気に入って空想のごっこ遊びで使うのが好きだった。
(クリスはクリスチャンの通称でもある)
高校生の時は教師やクラスメイトにキリスト教徒が何人もいたし、宗派の違いや特色を聞くのは面白かった・・・
ステンドグラスも好きで賛美歌も好き、トロンボーンをやっていたけどそれも昔は教会と関わりのある楽器。
カタコンベとかわくわくするし、その中にある骨やミイラに私もいるのかなーと思ったりもした。
納骨堂、地下墓地の類がなんか好き・・・


やっぱりヨーロッパの影響はデカそう。
大好きだったんだなー、ヨーロッパって感じ。
スポンサーサイト

🐭国

昔の2ちゃんで死産だったかの赤子も調理して食べてるみたいな話もあったっけ・・・

ドイツ

また拙いロッドで調べたやつ。
多分ウィーンの使用人の時だと思うけどドイツ人だったと思う。
前にギロチンについて調べていてギロチンのおもちゃがあるという記述を読んだ時に頭に浮かんだ光景。


石畳で舗装された通りの片隅でギロチンのおもちゃに小鳥を仕掛けて試そうとしている少年とそれを見下ろす視点になっている私という図。
かけられた小鳥はスズメ。
少年は少し明るいが落ち着いた栗色の細かめの天パのショートミディアムで俯いているので顔は見えない。
服は多分ブラウスだと思うけど白くて厚め、黒いベストっぽいのとズボン。
袖と裾の丈はしゃがんでいる体勢なのでよくわからないけど短いかもしれない。


里帰りかそういう時に見たらしい。
ギロチンはとても影響が強かったことなのでもしこの光景が覚えていたものならやはり衝撃は強かったのでは・・・て感じ。

実を言うと石畳は昔住んでいた家にも似たようなものがあって
石が一定間隔で埋め込まれた玄関に続く道があったんだけどその道の構造を妙に気に入っていたのを思い出す。
あとはタイルとかそういうものも好き。
「~ブルク」とかいう語感やらドイツ物は惹かれる物があったけどドイツ人だったならそりゃそうかーと。
ドイツの森も行った事があるんだけどめっちゃ楽しかった。
そういえばバウムクーヘンが子供の頃からむちゃくちゃ好きであれば貪り食うみたいな勢いだったけどそれもドイツ人繋がりかな・・・
あの層になってる構造が好きなんですよ、マジで神ってる。
バウムクーヘンを作る体験教室みたいなのも確か竹でやったような気もするし
最近も作り方の紙を面白そうだからってもらってきたんだった。

思うに、物に対する構造や作りに興味を示している傾向が強い・・・
外観や味とかはおまけでもないけど美味しくて綺麗ならよし!といったところ。
ドイツ人かー・・・色々持ち越して忙しいんだなあ、私って。

そんな私もビールは発泡してるのと苦いのとで飲めなくて、
やっとついこの間くらい(1年と少し前)に平気になった・・・
飲めるようになったらまた不思議なもので
飲みたくなったらぐびぐびいってしまう・・・
ドイツの森はまた行ってみたいな。

ダーク

悪魔とか堕天使とか好きなのですよ。
まあ、修道女の前世があったとして。
今世でもこうめちゃくちゃ執着したので一致するのは驚きかも。
たいてい、今世で好きなものは前世で誰かの好きだったものというパターンが多かった。

闇とかそちらに興味を示す・・・
昔から、調べまくってた時に「悪魔や堕天使は捉え方次第、本来の姿はそのもので見方によりその姿は変幻する」と結論を出した。
だから、魔術に黒も白もなくてようは扱い次第と。
分類分けというのはあるけど正直ああいうのは複雑化させるだけで意味は無いと踏んでいた。
どうもそうらしいのでその勘は当たっていたのかなあとは思うんですが・・・
だから「善悪に意味は無く、ルールも視点で変幻しうる」、逆に言えば「絶対的なルールはあり、それはなにものにも捉えることは叶わず、ただそうあるとしかいえない」・・・
それが存在というか本質なのかもなーって。
まー「世界の真理が知りたい、理が知りたい」から来たもんで、知識は得るだけの学者なりの生活はしてるっつーか。

続きを読む

気≠ソマチッド

ダイスとロッドでもそう出た。
まったく同じということではないみたい。


また私の早とちり☆(てへぺろ
似た性質かもしれないが何かしらが違うんだろうなあ。
一方は物理体だと思うし、そりゃね・・・
いつか読んだ気ってなんだったんだろう。

と、確認したらクンダリーニと関係あって生命エネルギーらしい。
そうか・・・
まあご飯食べて寝たら回復するとか言ってたしそうなのかも。


私の早とちり癖本当に酷い。
なおさなければならないところ・・・

バックすること

それを否定しても何も変わらない。
人として生きている限り、それは起こりうる。
監視するもう一人の自分。
それを捨てて、お前は何になった?
なんにも気付かない馬鹿になっただけじゃないか。
ここのところうだうだして、その原因はわかってるだろ?

人として限界はあって、そのレベルで変動して。
人であるから影響されうる、今持ちえている存在(物資)に起因して意識は混濁しやすい。

忘れるなよ、今はわからないかもしれないが。
なんでここに来たのかを、ずっとずっと遠かったのに。
昔から思ってる事は大して変わらん、わかってるのに見ないふり。
忘れてすべてを無にする気なのか?
もっと耳を傾けろ、逃してしまいそうなものに目を向けろ。
結局今までやってきた事も感じてきた事も、大体合っていたじゃないか。
何故世に迎合しようとする、楽しいかもしれないがまやかしだぞ。
本意でないことはするな、そこに魔の入り口がある。

乗っ取られるな、影響されても振り解け。
その術は捨てるな、本当にわからなくなるぞ。
お前は一人だが一人ではない。
弱く独りになりがちだが、多くに支えられていることも知っているだろう。
意見の合わぬものすらも、それなくしてはすべてがなりえぬ。

誰のために来た?お前のため?誰かのため?
ここでやめてどうする、わからなくても歩けよ。
大好きならば諦めるな、捨て去るな消そうとするな。
消えゆく者は仕方ねど、それは振り分けられるだけに過ぎない。
視点は置くな、それは浅はかだ。
お前にはまだ足りぬ、それは未知に任せておけ。
無理にわかろうとするな、焦るなゆっくりいけ。
その点にこだわる時、終わりが始まるのだから。

もう一人の自分がいること、躊躇いと迷いもあるだろう。
だがそれ無くしてはお前はとうの阿呆だ、これでもかと罵られないと立ち直れないほどの馬鹿。
泥沼の中にいてもまた立ち直る、その強さだけは捨てるな。

メギド72

というスマホゲームをやってる。
ソロモンと72の悪魔が元ネタのゲームだったり。
オープニングがかっこよくて好き。

https://youtu.be/YOJDutIi-e8






昔、高校生の頃はオカルトに興味があって本屋にもめちゃくちゃ通って魔道書は無いものかと探し回ってた。
その頃に本屋の棚にあったのが確か「ソロモン王と72の悪魔」みたいなタイトルの本だった。

申し訳ないと思いながらも内容が気になって
その本を試しに開いて見た時に起きた事がある。
ちょうど開いた時に店内放送の音楽にノイズが走って、
スピーカーが「ザザッ・・・」てなった・・・

まあ、そんな事もあるんだなあと思うんだけど
変わった事は大好きなので覚えておいて今に至る。



ホントかはわかんないけどダイスに聞いた範囲で。

ソロモン王の時代には生きてはいなかった。
たた、ソロモン王と繋がったことはある。
シヴァの女王とも関係は無し。
中世の女性、身分は修道女。
ソロモンと悪魔について研究と調査をしていた事はある。
本を著作したという事も無いし専門書など大量の本を読み漁っていた訳でもないようだ。
書ではなく口伝などで悪魔について聞きこんでいたらしい。
本に触る機会はあったが載せられている肝心な情報が不確か(曖昧)と踏んで、
伝承などを頼りにより悪魔の真実について突き詰めていったらしい。
儀式などの魔術をする事もなかった、今世と同じくただただ調べるだけ(学者)
降霊会などに参加した事は無い。





まあ、修道女なら外には出ないか・・・(身分は最後に調べた)
知らなかったけど中世って修道女がいて悪魔とか神とかも触れていたりするんだね・・・一応辻褄はあってるんだろうか。
そういう前世も受け継いでたりするんだ・・・
そういえばシスター好きだったし、
長崎でシスターを見た時はマジテンション上がりまくりだったなあ。
そういう頃(前世)もあったのだろうなーと、そんなメモ。

こーぷ

前に何処かのブログでコープ製品はマシって書いてあったので書いてみる。
今働いてる所では食品を扱っているのだけど原産地や原料ももちろん把握出来るようになってる。

で、普段取り扱う原料の原産地はほぼ中国って感じなのだけど、
コープだけは中国が原産地の物を使っていない。
といってもコープでやってるのは一種類ぐらいなので他の製品においてはわからないんですが・・・

コープは内容量が少なくて割高、しかし原産地が中国のものではない。
逆にいえば安さを求めてなのか、世に出るものでよく聞くメーカーの物では中国産である可能性は高い。

まあ、私が働いてる所で見た印象なので・・・
あと、中国産の食品は今ひとつです・・・固かったり色が悪かったり。
髪の毛とかも多いので・・・コープの方は全然そんな事ないんですけどね。
どう見ても傷んでるってのもたまにある・・・

中国産が無いってのももう中々無いのかもしれないなーと思って。
そんな私はめんどくて中国の冷凍野菜を買ってしまうズボラ野郎なのだ・・・_(:3」∠)_

種子法

何年か前のぐれんで種を配ってたのを思い出す。
種子法も危ない。

高プロ

何の事かと思ってたけど「高度プロフェッショナル制度」の略らしい。
(なんか略しすぎてわからなくなる典型例な気もする)
劣悪な労働環境の促進になるのではないかというも心配されている・・・
労働時間の規制が無くなったり色々とヤバめな事が含まれているそうで。





テレビがどうでもいい事を流し続ける時はこっそり法案を通している事がよくあるけど、
これもそういう感じな気がする。

深層結線


自画自賛だけど会心の出来。
THE・お気に入り☆

フランス

フランスの古コインを貰ったのを大分放置していたので・・・


昔、中学生の頃に石窯でパンを焼くという光景を学校のビデオで目にした事がある。
ほとんど忘れてしまったけどそういう生活に密着したドキュメンタリーだったように思う。
何処の地方だったのかも忘れたのでフランスだったのかどうかもわからぬ・・・
ただ、「石窯でパンを焼く」というのが凄い憧れてて常々(石窯欲しい!欲しい!)と思っていた。
あの「週末に焼きだめしておいてちびちび消費する(もちろん段々硬くなる)」という生活に惹かれたのです。


ダイスに色々聞いてみたのでメモ。
フランスの田舎娘だった事はあるらしい。
貴族でもお嬢様でもない、それとパン焼きに関係は無し。
パンを焼くという事はなかったが、見ていて焼く事には憧れていた。
(日常的に見る機会はあったっぽい)
ただ、家でパンを焼くという役につくこともなかった。
多分、家庭で焼くには焼いていたのだろうけど関わる事が無かったとそういうことらしい(奇数3個で強いyes)


その時の憧れを今世に引き継いでいるんですねー。
面白い・・・てかわろた。
どんだけパンを焼きたかったんだよ・・・
いや、石窯欲しいです。
高校生の頃に酵母を葡萄から自作して焼いてましたけど・・・楽しいんですよ!
オーブンレンジは火力がイマイチでしたんで・・・
石窯が駄目ならオーブン欲しい。
そういう生活をいつかしてみたい。

えひめ

お話会が気になっておかんに道後温泉って遠いのか聞いてみたら・・・
「昔、汽車で行って4時間かかったで」って言われた。
原付きで行こうかなと思うんだけどと言ったら、
「煙吹くで?」って言われた・・・


そうか、遠いんだ・・・(地図に触る気がせず調べないので地理疎し)

会社は休みだっけ?とカレンダーを見てみたら、
その日は「仕事」になっていた・・・_(:3」∠)_
今年、有給使いまくってるからなあ・・・うーん。
気になるけど行かなさそう。
これをもうずっと繰り返している・・・

電車に乗ったのもう何年前だろうorz
別子とか一日がかりで行くところだし、
隣とはいえ遠いなあ・・・
旅費も捻出出来そうにないし、行ってみたいなあ。
電話回線トラブルで工事次第で出費するかもしれないし
いつまでぎりぎり生活続けるのかな・・・

cと4

昔、魔術系のサイトで本業は漫画家やってるって人がいた。
(ああ、やっぱり他のクリエイター業にも魔術師はいるんだ)って思った。



「桜の木の下には死体が埋まっている」

割と有名な話だと思う。
という私は小学生の頃に読んだとある児童書(トンデモ内容)でその知識を手に入れたのでした。


古い話で発見したのは。
桜という木はつぼみの頃にとても赤い色になる。
その色は根の下にある死体の血を吸い上げているからだ・・・という話があるみたいで。


有名な桜の名のつくあの子、フルネームは妙に暗示的?な名前だと思います。
明るい面が目立ちますが、古い伝承?も彷彿とさせる・・・
他作品だと「侑子さん」という方もいるのですが、「人」と「有」を合わせた字・・・彼女も特殊な存在として描かれていたので込められた意味はあるでしょう。
この集団が書く漫画は意味深だと思います、キャラクターの名前も。
そもそも昔から超怪しげな・・・とは思ってたのでアナグラムを見て(そうなんだー)と思った。

月は2面性がある、満ち欠けという・・・なのでそういう設定と表現。
かわいいマスコットは地獄の番犬。
支配と服従、それを統べる・・・一見してかっこいいです。
でもそれが本当に関係性として優れているのかというと・・・うーん?となる。

力との関係というのはもっと自由でありふれていて、統べなくてもいい・・・とは思うのです。
統べることはかえって不便になると思うのですよ、何故統べることを描くのか。

そのものの本来の力をかのもの又は自分の色を付けて扱う、回りくどいことをしてるイメージしかないんですよね・・・
でもまあ、魔術師ってそんなものかもしれないです。
各々の独自のフォーマットとか、ネットを通した活動を覗き見てても結構好きみたいだし・・・

シンプルを複雑化する、そういうのはあるかもしれないです。
あの作品には。
歪んだものを作り出す、それもあると思います。




桃矢は多分破魔か魔除け。
他の陰陽師を扱った作品に桃の枝で作られた破魔の弓がある。
陰陽由来な気がした・・・
ユエと仲がいいのは、弓と月でアルテミスかなあと。
パパママは、花言葉を思うに繋がれたパートナーって感じ。
藤は喪服の色だったこともあるとかなんとか。
パパはリードの生まれ変わりだそうなので藤は死とも深い繋がりがあるとも取れる・・・か?
(桜がいるので転生の縁って点では藤の「決して離さない」の花言葉が面白くもある)
ママは純粋な愛、花の生育環境を見てみても何処にでもいる・・・というか。
ナデシコの花の特徴がまるで幽霊そのものというような。

結構設定が豆なんですよね、調べてみてちょっと驚いたけど。
レイアースの頃から名前にはめちゃくちゃ特徴はあったけど、今の桜もクリアの奴も名前に凝ってると思う。
でも主人公がかわいらしさ全開の割に、ちょっとダーティではと言われればそうだなあって気はする。

あと、月は女性性で太陽は男性性とされている(昔読んだ本では)
そういう点でも月側が桜で太陽側がエリオルになるのは妥当かなというか一致してるというか。
何処まで計算してあるのかはわかりません。
でもholicはヤバかったので・・・底が知れないです。

結石

twitterで尿道結石とかそういう画像がたまに流れてくるんですけども
「はえーこんな石が体の中に出来るんだなあ不思議!」と思っておりました。
最近もそういう画像を見てつくづく不思議だなあと思ってたんです、が。


見てすぐぐらいに弟が熱を出しまして。
・・・弟が尿管結石の腎盂炎に・・・_(:3」∠)_


本人の主張が毎度毎度控えめで、今回も風邪による高熱かと母も思ってたらしいんですが。
・・・・・・痛かった・・・らしいですね(多分)
ご飯を食べる以外はなんかぐったりして動かないから(???)とは思った。
(いつもはゲームとかしてるのにその素振りが無かった)

高熱が続くので病院へ行ったら風邪じゃありませんでした。
水分補給の少なさと飲んでいる薬の影響もあるらしいです。

いざ、こう直面するとわたわたしますね・・・
とはいえ、私は車の免許を持ってないのでお見舞いに行く事がないんですけども。
投薬で体内の薬を入れ替えるということなのでしばらくかかりそうです。
しかし・・・痛そう・・・
老い若いって関係ないなあと思ったり、高校生なのに経験を積んでいる・・・
ステントとか聞いただけで背筋がゾクゾクします。
早く薬と石がなんとかなったらいいな。

今昔

表面は似てても別件ですよってね。
まあ書くことではなかったです。
昔は相当参ってたので、今はもうどっちでもいいです。


結局、それが無ければ今の私は形成されなかったしシモの話も敬遠したままだっただろうと。
母子家庭故のあるあるなのか、男と縁が遠い故の反動かと思われます。
そっちの知識もぜーんぜんでしたしね、そちらへの扉を開いてくれた方なので感謝もしているのですよ。
ま、「会いたくねえ」だけは事実そのままですね。
ちなみに、その人おとーとの実父だったりするんですよね・・・
(妻子持ちなのに他所の子供に手を出して親と子供まで出来るなんて・・・となると、まあ修羅場ですよね。朧気に口止めされたような覚えがあります)





とある漫画でヒロインに(代々男運が無い)という設定のあるお話がありました。
でもそこをヒーローは(見る目がないだけなのだ)と評を残しています。

私の父母も祖父母も離婚をしていて、実父と祖父ともに似た性格でありました。
母は祖父と父をあーだこーだ言うのですが、どっちもどっちかなーて感じです。
母にも問題が無いとは言えず・・・まあ言い返されると面倒なので口を挟むのはもうしませんが。

欠点を補うが故に起こることの一種。
そう考えているのでまあ一方的だわ許さねえとはならないんですよね。
開けた道も学んだこともおおいにありましたし。
片親ゆえの足りない要素・・・それの補填、別角度からは反動ともとれる流れ。

かの方、アダルトサイトを開いて見せようとしたような事もあるんですよ・・・いかんとも理解し難い(こっち未成年だぜ)
昔、ヤフーがカテゴリに分かれていた頃の話なんですがそのおかげでどのカテゴリに飛んでいるのかはほぼわかったんですよね・・・その後の記憶がもう無いのでどうなったのか覚えてないんですけど。
性知識の不足、深刻だったのだなーと思うのと同時にハードな叩き込みって事件ですね。




なんで、表面が似ていたとしても別件だと思いますわ。
それはどんな事件にも言えるのですが・・・

昔のブログにも書いた事あるけども。
十四の時に爺くらいの年齢のおっさんに胸揉まれたり足揉まれたり、後ろから掴まれてバックでチョメチョメもどき(着衣のため未遂)という経験があるんですわ。
まー、当時としては本気で死のうかと思ったし事が今年なので倍の年月が経っても親には言ってない事なんですが。
ずっと地元にいるので本当にごくごくたまに顔を合わせることがあるんですが、速攻逃げてます。


まあ、嫌いな人間を挙げるとしたらその爺だけかなとも思うんですけど、今の思いを言えば「はよタヒんでほしい」・・・です。

とはいえ、爺だけが悪いのではなく私にも落ち度はあります。
「金銭に釣られた」、これなんですよね。
後々、同じような原因と結末の流れで軽い痴漢にもあったんですがやはり私がアホでしたね。
その後は「金銭や物には気を付けよう、何かあったら警察につき出す」と決め手からそういう事にあうこともなくなったのですが。





世の中にはどうしようもない人間がいて、そういう性分であるということもある。
その中でも改善可能なケースもあり、そうでないケースもある。

で、何処に視点をやるかどう構造を読むかでその事例がほとんど別物になってしまうんだなあと思ってもいたり。

女癖が悪い、軽く手を出す人間はいる。
それをうまく上塗りして隠して活動している人間もいる。
どんなに有名でも顔が広くても口が聞く人でも、そういうのはいる。
つまり、いわゆる都合のいいイメージで塗り固められた、中身は得体の知れない人間というのは存在する。
それは手の届かない所であったり身近であったり。

その上で利用されているのだろうかなあと思うにも至り。
何かの為に利用されている、そのカラクリもまたありなのだろうなあと。
一方が白とする性善説でも話は変わり、お互いの落ち度或いは理由を考慮するにも話は変わり。



まあ、世は情報戦だなーとずっと思ってるわけです。
私が嫌いなかの爺も教○委員会に顔の聞く、ということだったらしいですし・・・
世の中は見ているとおりではないのだろうなーと。





上塗りが無いとは言い切れぬ、逆に言えばかなり上塗りが上手いとも。
有○人はもうテレビを見ないから全然わかんないけど、ジャニは卒業して久しい。
ただ、ジャニでも演技の上手い人はいて映画で見てみても(やっぱり演技すげーな!)となる人はいます。
でも演技は上手くても演技の方には中々出てこないらしいので、もっぱら音楽の方なのかなあと思いますが・・・

バラエティはつまんないのでそもそも見ませんが、そういう仕事が多いとは知りませんでした。
話題の某集団は番組が有名ですのでちらほらと聞くんですけども・・・
その裏で色々聞こえてくる話もあり(ロケ地において関係者かスタッフの後片付けがまったくなっていないなど)、
番組に絡んだイメージとしては「アイドルなのにスーパーマン」という触れ込みですがそこに落ちている影も気になるものはぼちぼちありました。
あくまで「上塗りしている」可能性を感じさせる事という意味で、二面性があるなあと。

今後はその番組や功績におけるイメージをそのままに据え置こうという声と、スッパリ身を改めて新しい形で行くのか(アイドルの枠の中で)の分岐が来ている気がします(これは受け取り側の視点ではあるけれど)
まあ、イメージは置いといて中心に近い発信側からなら「本当にやりたい事を始めて貫き通すのか、否か」という、心機一転なんだろうなあと・・・そのまんまですが。
危機は好機とはよく言ったものだなーと思います。
音楽はぶっちゃけ音楽番組で聞いた「宙船」しか知らないんですが、「宙船」は中島みゆきの方が猛烈にカッコよくて痺れるので最高です。
中島みゆき版を知るきっかけになったのでありがたや!と思います。
とはいえ、なんでも屋(重機の扱いなど)の所は「すげえ!」と思ってたんで。

一掃して綺麗になるならそれがいいんじゃないでしょうか。
それがどんな形なのかは、なんにも知らない私が予想出来るわけがないんですけどね。
プロフィール

囲炉裏

Author:囲炉裏
気まぐれ人間/絵描き
更新したりしなかったり。

Twitter@irori_naginata3

メールフォーム
ご意見やご感想、問い合わせたいことなどがありましたらこちらよりお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter on FC2
お知らせ
あんどんや -1- 版権無し10枚50円のミニ画集です。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR