FC2ブログ

裏付け

ったら変な話。
霊団はいくつかあるのだと思う。
ミッションをこなしたりの話は読んでた。
悪霊だったっけ、切ったり引き剥がしたりだったかな。
見方とか認識も星の数だけあるんだろうなーて感じ。
だから空想じゃないと思うんだよ、色々。

サイババだったかな、カバンからノートや鉛筆取り出してた話。
あれで物質化に興味持った。
でもやっぱり仕組みがわからなくてにゃー・・・
放置してる。


モニター通して相手を見ようとした術者・・・もいたなーて。
色んな研究してた気がする。
その辺の動植物に目とかトラップとか色々仕掛けたり・・・



そんな大変な事、雑な私には無料だなあって。
そういう話を見聞きするのが楽しかった。
スポンサーサイト

ツール

何か能力があったとしてもやらないと思う。
昔、中学生の頃に所謂霊感少女というのがいた。
取り巻きが何人かいて私はいじめられてたけど、
だからかあんまりいい気はしなかった。
色々あれど女子のいじめはろくなもんじゃなかった。

最終的にその霊感少女は幽霊が出たとかで
ちょっとした集団パニック起こして
その時の記録したビデオのデータは一切出てこなかった。
(イベントなどの記録ビデオはいつも校内放送されていた)



まあ、そんなだから霊感とか疑ってしまうのよね。
そういう世界があるのはわかる、でも使い方次第。
霊感持ってるって人は上の人含めて3人ぐらい出会ったけど、
1人は普通の人で他の2人は見た目からしてなんか変だった。
だからかなー、仕組みは知りたいけど何かやるのか?っていうとやらない。
やることないもん、何もしないほうがマシ。
普通に生きるのが一番なのだなあと思ったので。



あ、妹も見える人だった(4人目)・・・でも嫌いです。
「見えないの?プッwwwwww」みたいな事言われた事があって
(あ、これあかんやつや・・・)て思った。
普段から性格キツイしもう・・・いや、やめとこ。

ツールを正しく使える人は一握り、そんなお話。

気と印

自分と第三者とで確かめた事だけ。


気は血液と同じ所に重なってある。

刀印?は指先から気が出ている。




ここからは推測。
九字切りだったっけ、あれとか多分自分の気で空間を刻んでいるのでは?と思う。
対象を切るとかあるけど、あれも自分の気で切ってると思われ。
斬れば相手にわかるってのは、多分切られた時に付着したか残った気を辿って誰なのかを突き止めてる・・・と思う。

いくら力があっても使い方が今ひとつって事もあるのだなーと思った。
天界や神界や魔界に行き来しているらしい力はあっても。
「転生システムは失敗だった」「なんでこういう仕組みなのか」って聞いてちょっと変な気がし始めたのが始まり。
それも離れた理由かなあ。

実力があってもその意味をもっと考えるってとこに持っていかないとこが違和感の原因かも。
見える範囲で満足している状態というのかな。
それがその人の限界なんだろうなあと思った。
変わる可能性もあったけどその後は不明。

10年より前から

色々とぼちぼち書いてみた。
でも結局、無意味だなーと思って全部放り出したのが数年前。
そういう世界もあるけどさ、物質化という方向には中々結びつかなかった。
一切断ってやめよう、とぜーんぶ投げた。


なんでまあ、半端な構えじゃ危ないなって今も思う。

狂犬

見えない世界やらで情報漁ったり
色々やってた頃に思ってたこと。

「自分を乗っ取ろうとする奴はこの火で焼き殺す。消し炭にする」
「近付くな」
「何言われても信じない」



うん、怖い。
まあリアル現実でも変質者に遭遇したりしたしな・・・
自分にも落ち度があったり、難しい。

毎日

同じ事の繰り返し。
仕事はまあ・・・つまらない訳でもない。

ただ自分はやっぱり人付き合いが苦手で
いつも一人でいる感じ・・・
話すことも特に無いしそれでいいんだけど。
休憩時間に上司と同じ席なのが結構堪える_(:3」∠)_
気にし過ぎじゃない?ってところ。

ミミズ文字

にしか見えない字で魔法の陣を書く人もいる。
でもそれもまた効力があるのだと思う。
その力のソース(根源)は知らないけども。

経緯を見ててオーディンを思い出した。

昔の少女漫画

大分前に読んだものにあったもの。
タイトルは忘れた。

その漫画は確か学校が舞台だったと思う。
学校に通う生徒たちはとても良くできて優秀なのだけど、
主人公の女の子はその生徒たちの異質さに気付いてしまう。
(教育方針やカリキュラムによってそういう生徒を育てているという感じだったかな)
周囲の生徒たちは仮面のように無表情で感情も無く同じ顔で、
主人公だけがこれは間違っているという感じで元凶(確か教師)に訴えかけるというものだった。




・・・と、ここまでしか記憶に無くて落ちは覚えていない。
おそらく、ポーの一族や黒トカゲの連載があり単行本になった頃の作品で母のコレクションの1つだったからそこそこ古いはず(絵柄も昔の少女漫画)

ロボット化で感情を失うと聞いて、あーこんな作品があったなあと思った次第。
読んだ当時から「やべえ、こんなの駄目だつまんない世界だ」とかそんな感じの事を思った。
こういうのを読んでたのが中学生とかそんな頃。

お試しルーン引き

---例のあすなろについて

>メイン
アンスール/口、知性
>補助
ブランク/宿命、潜在
ニイド/必要性

>読み
あのあすなろは古くから沢山の人々と触れ合ってきた知の象徴です。
その姿の変化もまた時の必要性によるものです。


---クリスマスツリーになったこと

>メイン
ラド/車輪、戦車
>補助
ソーン/巨人、トゲ
エオー/馬

>読み
とても大きな変化の為に人の力を借りて運ばれてツリーになりました。
見た目では何故そうなったのかと言われる形ではありますが他に意味があっての事でした。
自力では到達出来ない姿への変化をこの木自身が望んでいたという事です。



※※※※※

意外な結果になってしまった・・・_(:3」∠)_
巨木からツリーを経由してバングルに形を変えて人々を見守るつもりなのかなーとちらっと思ったり。
わからんけどね、聞き流してほしい。

色々と

調べたので別角度から見るのは大好きだったり。
エジプトには赤魔術というのがあるらしくそういう本も読んだけど、瞑想は危ないなーと思った。
色々なものが幻覚として現れるのだけどそれにのってはいけないとかそういう話が載ってた。
なんとなく、繋がる先は無限で何処かで絡め取られても気付かない。
闇ヘミもぶっちゃけ危ない技術だなーと思ってたのもそういう本とかで色々と思うこともあったり。



石に精霊が住むというのもある。
竜も住んだりする。
仙女はいるし年齢が凄いし寿命があるのかはもうわかんない。
見ている世界なんて本当に極僅かで、途方もない世界があるのだと思ったあの頃。

今はやっぱりそうなんだなあって感じ。
ずっと檻の中に放り込まれているだけ。
そして見る人の数だけフィルターが存在する。

クリエイターにも魔術師は存在するし創造物にそういう要素を混ぜている。
それはきっと、広大なのだなあ・・・と。
途方もない感じで、埋め尽くされている・・・ような気がする。

2005年

某巨大掲示板オカ板の話。
ちょい色々あって過去ログがヒットしないかもしれない。

何も無い所から水や火を出す人がいる。
風を操る人もいる(土は忘れた)
そういう人らでたまに集まって飲んだりパーティしている。
それ(火を出したり)を人に見せるとショック症状が出るとかで病院に運ばれた人もいる(確か九州かそこら辺だったような)
見た人は恐怖が勝ってそういう状態になるのではみたいな事は書かれてた。

これを書きに来た人は知人だったか先輩だったかがたまたま火を出す所を見てしまって、
なんともないんやなって事で色々教えてもらったんだそう。

なんにもないところ、大気中には‘いわば“もと”というようなものが存在していてそれを使う。
空間で手をぐるぐるさせたりしていると集まりやすいそうで、
それを火や水やにする(変換する?)んだとか。
水なら手に器を持ってから出す、
火なら燃えるものを用意して着火ける。
コツや感覚は例えるなら料理に近いらしい、
化学反応とかそういうものに近いと言っていたと思う。

風は特殊でこれを使う人は身体に支障が出ているっぽいという話だった。
(猫背みたいに身体が曲がっているみたいな話だった気がする)
風は滑空するぐらいに飛べるらしく、階段をこれで登ったりしていたのだとか。

テレポートの話もあって、空間を切り裂く感じで移動するという話だった。
切り裂いた所はグレーというかなんというか砂嵐みたいになっている・・・て話だったような。

ちなみに水は何処から来たのかわからないそうで
勇気が無くて飲んだこと無いって言ってた。
あとこれには属性の相性みたいなのがあって、
水なら水が得意・・・という事になるらしい。






古い記憶なので抜けはあるかもしれない。
ただ作り話にしては信憑性がありそうな気がしてならず。
人間の可能性は無限だなと思った書き込みのひとつ。

Q.私は前世において孫夫人(孫尚香)である。
A.yes



本当にそうなのか迷ったり悩んだりして(審判逆)
ハッキリしないまま過ごしている自分(吊るされた男)がいます。
ですが、もう答えに辿り着いています(太陽)



全体的に神託とかお告げ要素の強いカードばかり。
迷ってる自分も出ている。
でも最後が太陽・・・うーん。
・・・やっぱり記録のほとんど無い人なのかなあ。
これでいいのかな、わかんない_(:3」∠)_

同じ

魔術も魔法も霊能力も超能力も。
呼び名が同じだなと思ったのが10年少し前。
引っ張ってくるソースとかは違うけど枠は同じ。

なんでどれが特別とかは無いなーていう。
そんだけ。

魔について

与太話のカテゴリには魔術系統の話も放り込んでたけどこれからは分けとく。


魔女の一般的なイメージは魔女狩りにあたってのでっちあげが大部分。
大釜をかき混ぜたりとかああいうイメージのやつ。
魔女といってもアニミズムあたりが元になってた古くは巫女なんかの薬草術、占い師なんかを得意としていた人たち・・・らしい(自分で調べた限りでは)

なんだか魔術方面の話も出だしたから書いとこうかなーって。



例え意味を知らなくても契約はするし儀式をやっていることになる。
これは「こっくりさん」がわかりやすい。
「こっくりさん」は霊の召喚術だそうだけど、
一般的な流行る理由は「質問に答えてくれる」というもの。
まー今は召喚術ですって表現する創作作品も増えたしやる人も減ってるかもしれない。
これは多分、道具と形式を決定してテンプレートにし儀式として設定した人がいる。
そして尾ヒレをつけて話を広めるだけでいい、
儀式の参加者の数だけ効果は強くなっていく。
推測だけど参加者がその術式に加担している例、
根底からして宗教と同じと言える。
そのフィールドを敷いた人が誰なのかは分からないが・・・
無意識に参加している例のひとつ。



某お化け行事は参加者がオバケそのものと思っていたけど、やっぱそうなんだなーって。
他にもイベントとかあるだろうけど、それによって一体何に加担しているのか。
知らずして取り引きしている場合もあれば、契約している場合もある。
で、見えない世界とばっか思ってたけどこれ多分次元が違うってことなんじゃって思った。
多次元間の取り引き・・・みたいなのが近い感じ。

赤い糸

あれは魔術だなーと。

赤い血液を持つものだけが幽霊になるという話を聞いた事がある。
赤は何かしらの意味と効果があり、血液に見立てているかもしれないなーって。
赤は霊的な意味を持つのかもしれないけど調べたことないから不明。

紐を結ぶというのは魔法や魔術で聞いた話。
ミサンガもそうだけど願掛けの意味合いがあると思う。
紐を1本用意して願いを込めながら紐に息を吹きかけながら結び目を作るというおまじない(魔法のかけ方)がある。(確か昔出ていた英の魔女の本より)

数字はわからん・・・ただ意味はあると思う。
とある海外ドラマで数字の刻まれた短剣が出てきて、
刑事が「メー○ンでは兄弟の誓いを立てた証拠品」
で「数字にそういう意味がある」的な流れで
そんな事を言ってたから数字ひとつにしても
すごい最重要視してそうな感じではある。



流行りって結構魔術混ざってる。

生きてる

人間不信になったところでしょうもなって思うので・・・
大丈夫です。

ポップな絵柄の方の

龍神カードを買った。



三連休のうちに遠出しようと思って、
ちょいちょい本屋巡りをしてきた。
(本が好きなので・・・)
色々見てみたけど欲しいものは特になくて、
お目当ての物もマイナーだからか置いてなかった。

で、占いコーナーも行ってみようと
足を伸ばしたらこれが置いてあった。
しばらく見ていて欲しいのかよくわからないまま
レジに行って買ってしまった・・・
まあ、龍が好きというのが大きいけれど。
たまに引いてみようと思う。

事故について

1枚引き



形を変えるため、それは起きました。
背後には様々なサポートがあります。
不確かに見えますか?
でも大丈夫、不確かに見えることでもそういう存在なのです。
不確かなこと=力不足には結びつきません。
その認識を正して。
もっと気楽に違う見方で物を見ませんか。



飛び出たカード



これはひとまずの終わり。
あらゆることのおしまいです。
ここまで色々な事がありました。
沢山の事を経験して沢山の見方を持つ自分に出会ったでしょう。
それらの自分と沢山の喧嘩もしました。
その結果、また1つの答えを出す時期となったのです。
しかし終わりではない、また答えを探すための新たな始まりです。
その新たな答えを持って、再び歩いていく時。






見てて思うのは・・・コミュニケーション不足。
逃げているのはそれ。

意見の衝突

それが怖いんだなあって。
ろくな事が無かったから避けている。
関わらなければ何も起きない。



そういうとこなんだよね、はっきりとアカンやつ。

事故

起こしてみて驚いた事がいくつか・・・



「事故は仕方ないよ。よくある事だから」
「解決に何年もかかるけど大丈夫、許してくれるのに数年かかったけど落ち込まないで」
「平謝りしたら全責任を追うから謝るな」

etc...



事故ってそんなに起こすものなの?って思った・・・・・・(よくあることって認識が謎)
お母さんの運転テクの凄さと有り難さを改めて知った(知る限り無事故無違反でかなり乗り回していてずっとゴールド)
場合と事によっては自分に落ち度があるとは考えない・・・(責任が無いと言い張る)
保険会社さんとの付き合い(電話の度に心臓潰れそう)




何があっても自分にも何かしら落ち度があると母に言われて私は育ってきたけど、
世はそうではないこともあるのだろう・・・と知った・・・
(例えきっかけが自分でもそうでなくても
 自分の何がいけなかったのかは考えた)




怪我は無い(軽い打ち身でもう治った)けど、
メンタルは人間不信ぐらいに後退した・・・
友達やっぱり作らなくていいや・・・
友達だと思ってた人に騙されて以降、
友達という友達いないけど。
人間よくわかんない・・・声をかけるのも何もしたくない。
そんな感じ。

戦国時代

キムタク主演の織田信長のドラマを見てなかったら
戦国時代に興味を持ってなかっただろうなーと。
火縄銃の模型とか当時雑誌の付録で付いてきて
お気に入りでめっちゃ触りまくってた。

ロンバケとかキムタクはあんまり好きじゃなかったけど
この織田信長のドラマのキムタクだけはお気に入り。
あと鷹かっこいい。




余談
昔はお城お抱えの鷹匠がいたってのは自分の家の家紋調べてて知ったんだけど
うちはお城に仕えてた家系だったんだなーと。
(違い矢羽根系統だが他では全然見ない。
 長宗我部元親の頃に敵か味方のどっちかで参戦してた)


だからか調べて以降改めてドラマのお城と鷹の関係にちょと感心した。
鷹匠かっこいい!
猛禽類好き。
信長とキムタクの繋がり的なのこれぐらいしか知らないな。

祭2

祭でタダでご飯が出る・・・
それを凄いことだなあと改めて思ったのが今年だった。
色んな人や企業やの努力や協力でもって成立している。
違う地域の祭で思ったことだけど、思えば自分のとこもそうだったんだなーと。
ありがたさと大変さを実に感じたのだった。





そんな事を思った今年、タダで食べ物が出ることが無くなった自分のとこのお祭り。
人が少なかったのだった・・・
多分、来る人は早めに来てるだろうし参拝したら早々に帰ってそう。
食べ物目当ての人は来ないだろうし、色んな意味で振り分けられてる・・・気がする。
プロフィール

囲炉裏

Author:囲炉裏
気まぐれ人間/絵描き
更新したりしなかったり。

Twitter@irori_naginata3

メールフォーム
ご意見やご感想、問い合わせたいことなどがありましたらこちらよりお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter on FC2
お知らせ
あんどんや -1- 版権無し10枚50円のミニ画集です。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR