臓器移植の話とか読んでてほんわか思ってたこと。
臓器なんかのパーツにも記憶とか蓄積される。
あとは細胞と霊体(意識)も対応してるかなってとこ。



その辺はおおまかに当たりだったっぽい。
やー面白いな!こんなに面白い事ってないや。
まあ「病は気から」って昔から言うし、ぼちぼち注視?はしてたけど。
親の影響は子供も受けるけどそのカラクリも面白いなあって。
先祖返りについても色々筋が通るというか辻褄も会うし。
段々面白くなってきたw
スポンサーサイト
捉え方によるなあという気もする。

思想、教育その他色々。
システムからいうと多岐に渡る気がする。


昔、女性はある一定の年齢から霊力が衰え始めるというような事を読んだ。
なんでだろうなーと思ったけど、もしかしたら世間の常識とかそういう類もあるのかなと。
それも宗教と言い換えられるならそうとも言えるだろうし、それらによって一定の制限はかかる。

元々のアンテナは無限で広いのだけど多方面からの教えによってアンテナの向きや方向性は狭まってくる。
多分、霊力というかそういうのもそんなもんなんだろうなあと思って。

でもこれは女性にも限らない話ではあるんだけど、世の煽動とか流行の作られ方は女性を意識した物が多い気もするしその傾向がそうさせているのかもしれない。
でも何かに付いていくと鈍るのは確かかなあとは思う・・・自分の意識(意思)を他人に預けるからか。
教祖みたいな人は目が変、同じ目をしてる。
気配?を探ると後ろに変なのがいる、黒いようなとてつもなく黒に近い灰色のようなよくわからないやつ。


教祖でなくともそういうこともある、それは私も時々そう。
まあ弱いからね・・・その度に(あー阿呆だなあ)って。

それを時々隔離したりシャットアウトしたり逃げたり。
毎回、私は影響受けやすすぎワロチwなんつって。
テレビの催眠術にもかかりかけた事あるし、やはり脆い・・・脆すぎる_(:3」∠)_
罠は沢山あるんだけど、戻ってくる事は忘れないようにしたい。
想像上の物を見る訓練をやってた頃。
色んなものを見たっけ・・・
犬のような狐のような、でも2メートルはありそうなでっかい何かも見たんだけど必要無いかなあと思ってやめてしまった。



人によって見えるものは違う、と思う。
人によって持っている知識や経験の差、フィルターとはそんなものでブレはある。
でも受け取った中にも共通項というのはあって、それがその対象の本質(本来の姿形)ではないかという見当は付けることが出来る。
目玉も多分そう、色と形と性質と・・・そういう似通った姿形が本当の形に近い。
世に色んなものがあるけれど、大体大まかにあちらの事を指しているのは多分その流れ(力と性質、在り方)を持っているからでそう考えると膨大な量がばら撒かれているともいえる。

だから特別なんかなくて小さな花1つでも100ぐらいの情報が詰まっているかもしれないなーって。
フラクタルってのはそんなとこ、媒体は違うのに根っこは似通ってる。
閲覧したり読むのは権限?というのか許可というのかそういうものが必要と聞いた。

だからか大図書館とかそんなものかと思ってたけど、そんなものなんだろうか。
もっと無機質?というか機械みたいなライブラリーというか、情報の宝庫というか。

その情報量ゆえに、あらゆるものを構築し発揮しうる力もあるのではという気はする。
受け手により引っ張ってこれる事柄はごくごく少数な気もするし、そうなると断片的な情報で事柄の構築を行ってしまう。
視野狭窄?というのかな、狭い見方はそうして発生しているような気もする。

なんていうか、能動的なものなのかね・・・よくわからん。
ただ存在しているだけじゃないのかなあ、謎。
まあ、許可制ならその許可は何処の誰から?って話になるのに今気付いたからやはり何かあるのかな。
プロフィール

囲炉裏

Author:囲炉裏
気まぐれ人間/絵描き
更新したりしなかったり。

Twitter@irori_naginata3

メールフォーム
ご意見やご感想、問い合わせたいことなどがありましたらこちらよりお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter on FC2
お知らせ
あんどんや -1- 版権無し10枚50円のミニ画集です。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ