FC2ブログ
Tumblr


こちらで絵を上げてます。
ブログ更新がさっぱり出来てないので活動場所貼っておきます。
スポンサーサイト
8年くらいいてくれた猫が帰ってこなくなった・・・
もう一週間くらいになるのだけどすごくショックで
いなくなってから数日は仕事をするにしても心の中は抜け殻だった・・・
半野良状態だったので仕方がなかったとはいえ、
出迎えてくれる猫もいなくなった今はすごく寂しい。
避妊はしてあったので増える心配はないのだけど、
何処かで元気にしていてくれればと思う。




東京の猫カフェでパルボという感染症が流行っていると知り、
近所に新しくペットショップが出来てオープンし
東京など関東圏からも犬猫が入ってきているようだったので
一度捕まえてワクチンでも打っておこうかと考えていた矢先の事だった。


先住猫の系譜は遺伝病で糖尿病が見られたので、
避妊で遺伝病持ちが増えないのはまだよかったかなとは思うが・・・
最悪、糖尿病の悪化で消えたパターンも否めず。
本音で言えばそれで弱ってしまったら糖尿病で死んだ兄弟と同じく
最期の後は火葬をして山へ持っていこうと思っていた。

今年は身内も入退院を繰り返したりで先日も別件で倒れて入院したり、
家族で家を空けることが続いたので家出したのではないかという説が1番有力ではある。
私も転職してからはフルタイム故に家にいる事が少なくなり、
おまけに会社で拾った新猫も増えたもので先住猫に接する時間が減っていた。


猫は家につくと言って環境変化で家出すると思っていたから
転職するにもなるべく家にいられるものでありたかったのだが
完全に油断した・・・と思う。
ただ、猫も自然の物なので縛ることも出来ず
(やりたいようにしているのならそれが一番かな)と
思っている部分が大きいので・・・
新猫とも距離が縮まったかなと思ってきた頃だったから
新猫だけになってしまったのもつら・・・_(┐「ε:)_




余談

新猫は完全室内飼いなので最期まで面倒を見られると思います・・・
元々、トリモチに引っかかっていたのを助けたので外は無理そうだと判断したものでして。
思えば生まれて半年なのに人間のパーカーなどのフードに余裕で入れるくらいのサイズで
病院でも「栄養失調ですねー」と言われたらしいので外では生きていけないタイプのよう。
拾った時はそのサイズから「子猫や!」と思ったのだけど思ったよりは年齢がいってて
見た目もガリガリだったので猫の集団の中でも食いっぱぐれていたのかもしれない・・・
そうか迷ってからあまり食べてなかったのかなあと。
なので室内環境限定で手を尽くして面倒を見てます。
幸い、トイレも外さず社会性もあり他所の猫にも物怖じせず
車に乗せてもカゴいらずで窓の景色を見たり膝に乗ったりと
余裕をかますタイプなのですごい助かりました・・・
なので、夏はクーラーのある避暑地にいかせています。
我が家の室温はこの記事を書いている時でも窓全開扇風機付きで38度はあるみたいなので・・・熱い・・・





外飼いについてはこれまでも色々ありましたし
不慮の事故も病気も怪我もあったので
事あるごとに出来る限りの手を尽くし
いなくなれば数日に渡って呼んだり物陰を覗いたりといった事はしてきたのですが・・・
(一度は死の間際でも呼んで帰ってきたことがある為)
でもこうして、いざいなくなると寂しいです・・・何処かで元気でいたらいいな。
連日の猛暑酷暑と戦っておりまして・・・

すいません、今は絵を書く環境が整ってないのでこの暑さがおさまってからになります。
本当にごめんなさい。
ただ少しでも書けるようにスケッチはしていきたいと思ってます。
ただ、今月は旅行やら誕生日やら自治会の当番やら色々被ったのですごくしんどいです・・・死なないように努力します!






家にはクーラーが無いという話。
おかんの話によればここのところ、室温が38~39度だったとか。
以前も40度になった事があったのだけど、
今は室内で猫を飼っているんですが
その猫が危ないので車でお守りを頼んでいます・・・_(┐「ε:)_
妹は「死んでもええやん」と言ったようだけど
そうもいかないので・・・猫の命は大事ですわ・・・

休日は家で面倒を見ていたのだけど
家の窓から入ってくる風がマジで熱風で死ぬかと思った・・・(その方角には西日で焼けたアスファルトがありその熱を持った風が吹いてくる)
もう駄目だと思ってその日は2回か3回ほど猫を連れ出して日陰へ散歩しにいった。
用事がてらに自転車も使ったのだけど、
日当たりがよく焼けて熱い自転車のサドルで毛虫が熱さの為か昇天してた・・・

仕事場は作業場は快適なんだけど休憩室がまるでお風呂かサウナです・・・しんどくてやる気が出てこないという。
机もホットなカイロのごとくなので触ってみると熱いっていう。


そんなこんなで家で涼しくなるのが深夜0時を過ぎてから、
しかも窓のそば限定で部屋の真ん中は暖かいままみたいな感じなので・・・睡眠時間も減りがちです。
夜八時過ぎくらいでやっと30度前後まで下がるといった具合なので
はやく冬が来てほしいです・・・うっかりしたら死んでしまいます・・・

なんとか生き延びたいです、ガソリン代は飛んでいくけど猫大事なので!
猫がシャム猫かかっててよかった・・・毛も薄くて多少の暑さには強いらしい。
でも40度近くは流石に駄目だから山場を超えるまではなんとかかんとかなってほしい・・・
しかし今年は仕事が無くて休み多めで給与は死んでいる・・・(´・ω:;.:...

まだ1枚目を固めているところです・・・
時間がかかっててごめんなさい。
色々調べて創作が多いというのがわかったので1から作ってる状態です・・・





三国志は無双から入ったんですけど、
調べていて三国志も創作が割と入った話なのだというのがわかりました。
今通っているイメージも実際のところ
その時代には無く後世に発明された武器や装飾でもって付加されて彩られているようなので、
「フィクション絶対許せないマン」な気質の私は
当時の兵馬俑とか人物評や記述を参照して作ってます・・・
(兵馬俑って「へいばよう」と読むんですね・・・「ひょうばおけ」だと思ってたorz)
かなり古い挿絵でも創作有りで伝わってる雑劇もやはり創作なので
調べれば調べるほど混沌としていくという・・・

ちょっと忙しいので数日経っているのに
1枚目でまだまだ難航していてすみません。
ただ、風貌は出来てきたのでなんとかんとかです。
残りはまだ装飾品の要素と配置と考える事が多いので・・・時間がかかってます_(┐「ε:)_






この過程で日本は口伝や物語を比喩や暗喩への変化はあれどいかに正確に残している民族なんだろうと改めて思いました。
正倉院なんかにはめっちゃ古い物(確か海外の意外な物も発見されたりしていたはず)があり
そこでなくても意外なものが出てきたり。
割りかし記述が改変される事も少なくてそういう意味では辿りやすいのだなと(これは多分精神性もありますね)




前にも三国志で魏晋辺りを調べたのですが
当時の悪政故に後世の人々はすべてを破壊して王らの墓すらも怪しいとか。
ようは全部更地で何も無いなんて事も知った訳で(凄いなあ)と思ったり。
だから武勇があればと思っていたけれど、
武勇があってもそれに相応しいよう後世の発明品の数々を付け足して
受け継いでしまっているというのを知って愕然としたという・・・
頭を柔らかくするのにはいいけれど目が回りそうです・・・
スケッチで色々探っている所なのでまだかかります、申し訳ない!
昔、昭和のお上が地元の某所に来たことがあったんだとか。
地元に来るという事で祖母も友達と連れ立って見に行ったそう。
某所といっても町中の駅前なのでおそらく人は沢山いただろうと思う。
そこで見に行った祖母は名前で呼ばれて「顔を上げよ」とそういう事を言われたらしい。
祖母は恐れ多くて顔を上げることは出来なかったという。 





前にこの話のさわりを聞いた時に、こうもっと式典とか
そういうちゃんとした場所でリストアップされた中から
名前を呼ばれたんだろうかなと思ってたから
母に詳細を聞いてみたらば場所も状況もかなりフランク?で
全然私が想像していたのと違ったのぜ・・・




でも新たな疑問がわいた。
祖母の従兄弟が宮仕えで昭和のお上の騎馬隊だった前提はある。
でもど田舎で多数の人間が来ていたと思われるその中で、何故顔と名前を知っていたのだろうか?ということ。



うーん、従兄弟が騎馬隊でその繋がりでご存知だった・・・のか?
祖母も亡くなって久しいから騎馬隊に召し上げられた際の状況はわからないけども。
その時その場に祖母がいたのか、それで知っていたのか。
それともそうでないのか。
ますます謎ばかりである・・・





続きを読む >>

プロフィール

囲炉裏

Author:囲炉裏
気まぐれ人間/絵描き
更新したりしなかったり。

Twitter@irori_naginata3

メールフォーム
ご意見やご感想、問い合わせたいことなどがありましたらこちらよりお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter on FC2
お知らせ
あんどんや -1- 版権無し10枚50円のミニ画集です。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ